守谷市にあるアサヒビール工場見学に行ってきたぞ〜! 前半
守谷市 アサヒビール工場見学
  • とねーがネットはこの度、守谷市にあるアサヒビール茨城工場で工場見学に行ってきました。



    世界の大人たちを魅了し続けるお酒。その代表的なものがビール!
    お祝いの席だったり、打ち上げの席だったりとワクワクするところには大体ビールがおいてありますよね。今回はそのワクワクがいっぱいの1杯を探るべく、守谷市にあるアサヒビール工場でアサヒビールについて学んできました。

    酒屋さんやコンビニ、スーパーなど、様々な所で購入できて普段は何気なく飲んでいるアサヒビール。100%リサイクルや排熱の再利用など見えないところでも凄かったんです!

    今回は前半と後半2回に分けてアサヒビール工場見学の様子をレポート致します♪





    まずはアサヒビールの歴史を知る


    ・1889(明治22年) 朝日麦酒㈱の前身である大阪麦酒会社設立(11月)

    ・1892(明治25年) 「アサヒビール」発売(5月)

    ・1900(明治33年) 日本初のびん入り生ビール「アサヒ生ビール」発売。

    ・1958(昭和33年) 日本初の缶入り「アサヒビール」発売(9月)。

    ・1971(昭和46年) 日本初のアルミ缶入りビール発売(6月)。

    ・1987(昭和62年) 日本初の辛口生ビール「アサヒスーパードライ」発売。

    ・1991(平成3年)茨城工場(守谷市)施工

    ・1998(平成10年)国内ビール市場でシェア首位の座を獲得(12月)。

    ・2001(平成13年)国内ビール・発泡酒市場でシェア首位の座を獲得(12月)。

    ・2015(平成27年) アサヒビール㈱が「東京2020ゴールドパートナー」に決定(1月)



    日本初が多いことに驚きました。
    あと知らなかったのは…西松屋などでもおなじみの
    和光堂。我が家も子育て中に大変お世話になった和光堂が2007年に完全子会社化されていたんですね〜。

    アサヒビールの歴史以外にも守谷市にある茨城工場に見学に行けばもっともっと詳しくわかります。スーパードライが発表されてからポスターなどもガラッと変わっていたり、昔のロゴなどがたくさん見れてワクワクが止まりません!



    それでは工場見学に出発します!



    時間は8:30。朝日がまだまだ眩しい時間帯です。今回は通常の工場見学同じようにバスからのスタート!(直接車でも工場見学はいけますがビールの試飲はできません)

    工場見学の最後に守谷工場できたてアサヒビールが飲めるので試飲をする方は
    間違っても車で来ることはおやめください。

    工場見学のバスは守谷駅東ロータリーの2番ということなのでまずは場所確認です!

    関東鉄道のバスが2台止まっている後ろがバスのりば②です。※止まっているバスではありません。





    東横イン方面が東口です。エレベーターでもエスカレーターでも下りれます。

    ASAHIのロゴ入りバスがきました〜



    間違いなさそうです!さっそく乗ろうとしたら…


    あれれ?



    アサヒビール工場の従業員の方でしょうか?バスに乗っていきます。えっもしかして違う?と思い確認した所、このバスで間違いないようです。




    あとで案内係の原さんに伺ったところ、〜8:39までの守谷駅前発は工場従業員用で通勤専用でした。見学初回が9:30スタートですので9:00守谷駅前発からは見学者用の送迎バスになるようです。

    ってことは普段は従業者の方しか乗らない時間帯に何も知らず乗ってしまっていたのです!

    そうとは知らず普通に乗って普通に下りて…貴重な体験をしちゃいました。

    それでは出発♪アサヒビール茨城工場見学が続きますよ〜♪



    守谷駅東口から約10分ほどで到着します。車内はとねーがネット(2名)と他に5人ほどでした。 

    ※クリックで拡大できます。



    ようこそ茨城工場へ!今読んでいる皆様と感動をわかちあいたい!



    守谷市アサヒビール工場見学

    まずは入って左手に巨大な瓶と巨大な缶が!!記念写真はここで決まりです!



    守谷市アサヒビール工場見学入り口

    開放的!外からの光とアサヒビールのあのシルバーの高級感がいかしてます!



    守谷市アサヒビール工場見学フロアー

    迎えてくれたのはマネージャー浜野さん(左。一緒に案内もしていただきました。以下浜野さん)と受付係小倉さん(右 以下小倉さん)



    守谷市アサヒビール工場見学受付中

    まずは受付をします。小倉さんが帰りのバス時間をわかりやすく説明してくれました!案内時間に間に合うように配車されています。



    守谷市アサヒビールトイレ

    入り口左にはトイレがあります。(バリアフリーもあります。)



    守谷市アサヒビール工場見学喫煙所

    トイレの向かいに完全分煙の喫煙所





    ビール工場見学についての素朴な疑問





    工場見学の流れザックリ言うと…

    ・オリエンテーションシアターで映像 (
    約10分間)
    ・工場内での見学 (
    約40分間)
    ・地上60メートルにある試飲会場アイムタワーで (
    約20分間)

    詳しくは
    こちらを御覧ください。(アサヒビールコミュニケーションズホームページに飛びます。)





    それでは工場見学スタートです。


    今回案内をしてくれた原さん

    今回案内をしてくれました、勤めて8年目!案内係の原さんです。(以下原さん)


    大迫力の映像です。アサヒビールについて詳しく流れています。

    3面シアターで大迫力な映像は必見!!ビールに辛口というコンセプトを確立したアサヒビールのこだわり満載で技術者の声とともに映像に流れています。
    ビールは自然の恵みという思いから地球環境保全に力を入れていること。アサヒの森を育ててることもこの映像で学びました。


    真面目に聞いているとねーが

    知らなかったことばかり。ここは編集長も必死にメモをしています。


    急にスクリーンが下りだして…

    映像が終わったと思ったら!!


    急にスクリーンが下りだして…

    いきなりスクリーンが下りていきます!!


    スクリーンの奥はアレですよ。粋なギミック。流石アサヒビール!味にも仕掛けにもキレがあります。



    いよいよ内部へ…

    ※クリックで拡大

    両側ガラス張りのなが~い廊下を進みます。窓から見える池にはウグイやヨシノボリなどが生息しているそうです。


    廊下の先には東京の駅にあるようなエスカレーター、その隣には車椅子でも安全に登って降りれるように電動昇降機が付いています。これなら車椅子の見学も可能ですね!


    エスカレーターを上ると、EVACCHAIR…イーバックチェア?絵でなんとなくわかるかもしれませんが、体の不自由な方のための階段避難器具。3.11以降に導入したようで案内係の原さんを始めみなさんかなりの特訓をしたようです。万が一のときに準備しているのでビールが大好きなお年寄りの方でも安心!
    工場見学は車椅子も対応(ご予約時に電話確認してください)とのことです。




    最初の工程からドーーン

    (最初の工程。分かりやすいように文字を入れてあります。)



    こういうの!こういうのって工場見学でしかできない体験!

    麦汁ろ過槽で取り除かれた麦の殻モルトフィードアサヒビール茨城工場見学では麦芽を実際に食べれます

    クリックで拡大

    左:先ほど画像にもありました、麦汁ろ過槽③で取り除かれた麦の殻モルトフィード。乳牛などの家畜の肥料になるそうです!実はアサヒビール守谷工場は再資源化100%

    右:ナント試食できちゃう!麦芽。ポリポリと噛めば噛むほど味が出ます。例えるならば節分のときに食べる大豆!



    アサヒビール茨城工場見学では実際にホップを触れます。ホップを手で潰してみる

    可愛い名前をしているけどとても重要なルプリン

    これがよく聞くホップ!ホップを潰すとアロマのような安らぐ匂いがしました。この体験は工場見学に来た人ができる特権です!リラックス効果もあるようですよ。

    実はこのホップ全部を使うのではなく、黄色い粒子ルプリンビールの苦味や香りの元になっているんだ!!



    アサヒビール茨城工場見学二条大麦と六条大麦の違い

    アサヒビールに対してだんだんレベルが上ってくる自分を実感できます!とても貴重な体験ができました。実際に見て触って食べて嗅いで…これが工場見学の醍醐味でもあります。






    ビールづくりで最も大切な工程だと原さん。

    仕込み工程でできた麦汁を冷やしてここで初めてビール酵母を加え屋外の発酵タンクに送る。


    なんと1本で500kl。例えるとよく目にする350mlで約140万本分


    1日一本350ml飲むとおよそ4000年もかかるみたい
    工場内には20メートルのタンクが150本以上あるようでどのくらいかもう想像がつきません。 


    アサヒビール茨城工場には150本以上のタンクがあります。






    熟成も終わって仕上げの工程!ろ過

    アサヒビール茨城工場見学600本物フィルターを通り濾過されます

    ナントビックリ600本ものフィルターを通りビール酵母などが取り除かれます。


    アサヒビール茨城工場見学ろ過を終えたビールが入っています
    ろ過を終えたビールが入っているタンク。室内が暗いのは…省エネです。環境も考えています。



    ビールが大好きとねーがですが、
    ホップの香りや、麦芽の食感ビールができるまでの様々な工程など、実際は何もわからず今まで飲んでいたのだと実感できました。

    まるで幼稚園の子どものような感覚で見るもの見るものが知らないもので溢れていました。



    まだ間に合う!アサヒビール守谷工場イベント情報 2017 4月

    ◆三ツ矢シュワシュワイベント イベント詳細はこちら
    三ツ矢サイダーを使ったドリンクを作って飲む体験が大人の方はビールのご試飲を!!
    開催日程
    4月3日(月) 14:00~  
    4月4日(火)~4月9日(日) 11:00~/14:00~
    4月15日(土)~4月16(日) 11:00~/14:30~
    4月22日(土) 14:00~
    4月23日(日) 11:00~/14:30~

    ◆スーパードライ30周年イベント イベント詳細はこちら
    誕生から30周年を迎え、さらに進化し続ける「スーパードライ」の開発秘話や挑戦について講座形式でご紹介
    開催日程
    4月1日(土)~4月2日(日) 11:00~/14:00~



    後半は!全ては旨いのために!できたてのスーパードライが登場!!




    アサヒビール茨城工場できたてアサヒスーパードライ


とねーがランキング

地域のいろんなお店

projectN
2018.10.17
永山中学校周辺

子ども達に夢を

芋ほり大会2019準備しました。

hakocafe
2018.06.14
戸頭中学校周辺

FOOD,COFFEE,DRINK,ART

アンティークに囲まれながら時間がゆっくりながれる場所

トリアウテ
2018.05.30
藤代中学校周辺

生涯現役!自分たちで地域をより良く...

~農家さんと一緒に本物の米づくり体験~体験者募集中

MKコンフォートサービス
2018.04.02
取手駅周辺

プロの技術でお家をキレイに。エアコ...

ハウスクリーニングはお任せください。

ベジカフェ&レストランリコ VEGICAFE&RESTAURANTLICO
2018.02.04
カフェ●喫茶店

無人の新鮮野菜直売所復活しました!...

超絶新鮮なお野菜をぜひ皆様に食べていただきたい